漢方薬

漢方で夏バテ対策

9月です!もう秋の空だったりしてもよいはずなのに、
なんだ、この暑さは!!
気象庁観測以来の猛暑らしいですね・・・納得wobbly

少し前に朝の情報番組で漢方薬の特集をやったらしいですね。

今夏は老若男女を問わず体調管理が難しいので、漢方薬を
希望される方が多いような気がします。

家畜が死んじゃうほどの暑さですから、たしかに大変です・・・

漢方薬を飲む前に大切なこと。

規則正しい生活を送ること 

これに尽きるように思います。

とくに、起床時刻は休日もあまり遅くならないほうがいいですね~

わかっちゃいるけど、寝苦しくてどうしても睡眠不足に!!

こんなときによく処方されるのが

補中益気湯

です。落ち込んだ体力を持ち上げてくれる補剤の代表格ですね。

普段は元気なんだけれど、夏バテでdownとか、
受験生で勉強ばっかりしていてdownだとか、
そんな人によく効きます。

入院生活が続いていたり、手術後だったりするときには
別のお薬が向いていることもありますので、よくご相談を・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢方薬でやせる? その2

20日のことですが、整形外科医のための漢方研究会のため
東京に行ってきました。

今回は痛みと漢方のお話で、色々なお薬の話が出て、とても
興味深く聴いてきました。

でも、一番印象に残ったのは、やはりこれからの時期ならではの
話題、「やせる」漢方薬として一躍有名になった
防風通聖散 のこと。

この漢方薬には、新陳代謝を高める生薬と、お通じをよくする生薬
あと水はけをよくする生薬が含まれているので、そういうことから
「やせる」働きがあるのだと思ってました。

実は、「鎮静作用」もあるのだそうです。

つまり、「食欲を低下させる作用」があるのだという。

逆に、この薬を飲んでも食欲が落ちない人は、1kg程度までしか
やせる効果はなく(効果なしといったほうがよいか)、
食欲が低下したと感じる人は4~5kg程度まで落ちるらしいです。

ですから、効果的に飲むには(あくまでもダイエット目的で飲む場合)、
食前に飲むのがよく
3か月飲んでもやせないならば、内服を
やめたほうがよい

ということです。

もちろん、防風通聖散は、湿疹のために飲む人もいれば
便秘薬として飲む人もいます。
鎮静剤として、うつ病に効果があったというデータもあるといいますので
「単なるやせ薬」ではないですから、その辺は処方してくれた医師や
薬剤師さんとよく相談する必要があるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻がつまる花粉症

今年は例年に比べるとかなり少ないらしいですが、
でもやっぱり飛んでますね、花粉がbearing

我が家も夫と息子の目が真っ赤です・・・・

ところで、漢方薬を処方しておりますと、この時期必ずと
言っていいくらい、花粉症でのご相談をいただきます。

前にも書きましたけど、もっとも有名なのは小青竜湯

この時期は品薄になるそうで、有名なお薬ですね。

でも、最近数名の方から、小青竜湯では効かない、効きが悪い
とのご指摘をいただき、処方を変えてみてとてもよく効いたお薬が
あります。

麻黄湯です。

以前インフルエンザの初期でタミフル等との併用で効果良好と
書いた、あの麻黄湯です。

とてもよく効いたのは、みんな小・中学生で
鼻づまりの症状が強い
方ばかりでした。

非常に切れの良い薬で、漢方薬といえど即効性があるので
私も好きな方剤です。
一般的には風邪の初期に用いる、もっとも実証(体力の充実した)
向けのお薬ですが、赤ちゃんの鼻づまりによる哺乳困難などにも
使われます。味にくせがなく、りんごジュースに溶くと子どもでも
嫌がらずに飲んでくれます(味がわからなくなるようです、ただし
子どもの容量分ですよ)。

でも、体力の落ちた方やご高齢の方には向かない(であろう)ので
よくご相談になってから処方してもらうとよいと思います。

一般的には上の小青竜湯も含め、漢方薬では眠気が出づらいので
受験生や、日中お仕事で眠気が出ては困る人におすすめです。
西洋の抗アレルギー薬と同様に、花粉が飛ぶ2週間程度前から
内服しはじめると発症予防にもなります。

すごく久しぶりに真面目な話をしましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザに備える

スーパーでもお店でも、出入口にはアルコール消毒液の設置。

ホームセンターやドラッグストアではマスクに手洗い、うがいグッズが
この秋だいぶ充実していますね。

ニュースでは、7歳のお子さんが新型インフルエンザで亡くなった
とのこと。

一般のインフルエンザもずいぶん流行っていて、学級閉鎖のクラスや
文化祭を延期・中止している学校も増えているようです。

インフルエンザワクチンの話題は、我々医療従事者にも、いつごろ
どれだけの量が供給されるのか、なかなか知らされてはもらえません。

事実、従来のインフルエンザワクチンの接種は今月末~来月頭に
かけて開始されそうだ、くらいにしかわかっておりません。

こうなったら、自己防衛策をはるしかないですね。

若くて体力のある人にも感染しますから、よほど気合いを入れて・・・
と言いたいところですが、どうしたらよいのでしょうか?

まずは、手洗い、うがいの励行。これに尽きるといっても過言ではない
かも。可能なら鼻うがいもできれば言うことなし。

つぎには、人がたくさん集まる場所にはあまり行かないことですよね。
でも、これは理想であるけど現実的ではないですね。

それから、よく寝てよく食べて、体力を落とさないこと。
当たり前のことですが、案外軽んじられているかもしれません。
免疫力は規則正しい生活から生まれるものですから、不摂生な人には
これだけで十分なのかも・・・

最後に、じゃあ、免疫力を上げるために何か飲んでみようか・・・?

漢方薬では、補中益気湯が代表的な免疫力アップのお薬ですね。
これは、夏バテのときや、勉強ばかりしている受験生など、若い人にも
よく処方されるものです。

あとは、ビタミンCでしょうか・・・?

残念ながらインフルエンザに感染してしまった場合、タミフルなどと
一緒に始めの何日か麻黄湯も内服すると、わりと軽症に、早い経過で
済むことが多いようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

慢性腰痛に効く漢方薬①

今日は関東甲信越地区の整形外科漢方研究会に行って
まいりました。

前回と同じ東京・八重洲です。

本日は朝10時からでしたので、寄り道をせずに、会場へ
直行しました。

今日もいろいろな漢方薬、いろいろな症状による処方例が提示され、
大変参考になりました。
なかでも、慢性腰痛を目の付け所から分類した処方例の講演は
とてもおもしろかったです。

そのなかで、特におもしろかったのが、
怒りによる腰痛
というものです。

アメリカのさる偉い先生によれば、すべての痛みには怒りという感情が
ベースになっているそうで・・・・

症状が悪化するに至るまで、「抑圧された怒り」がその人の背景に
ないものか?というのです。
たとえば、仕事や家庭でとてもストレスがたまっている・・・など。

そんなときには、抑肝散がとてもよく効くことがあるそうです。

抑肝散とは、少し前に認知症に対して効果があると、有名になった
漢方薬ですが、そもそもは子どもの疳の虫によく使われた方剤です。

腰が痛い!というと、つい西洋医学的見地から、痛みを抑える薬ばかり
考えてしまいがちですが、「痛み」という症状を捨ててみて、ほかには
どんな変調があるかを考えて処方するというのが面白いですね。

「冷えからくる腰痛」というお話もありましたので、それは次回に・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花粉症に効く漢方薬

日付が変わってしまいましたが、2月最終日はなかなか
暖かかったsunですね。

これからスギ花粉がドォ~~ッrun

と飛散するのでしょう、しばらく・・・sad

実は私、出産をきっかけに、この5年間花粉症とは無縁で
ありました。
子どもがいないころ、あまりにくしゃみ鼻水がひどくて
ぐちゃぐちゃの顔になってしまい、しかも大学院の実験中で
ネズミの部屋に行ってさらにぐちゃぐちゃの顔になり
周りの人から

「早く帰って家に閉じこもっていなよsweat02

と言われたこともあったほどなのですが・・・・・

出産って、女性のからだにとっても一大イベントなんだなぁ
とつくづく思います。

まぁ、いつ再発するかわかりませんが。
(実は今日、なんとなく花粉症再発を思わせる嫌な症状が
ありました。うっ)

前置きがすごーく長くなりましたが、

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

という、あまりに有名な漢方薬が、花粉症治療には今一番
有名なお薬ですね。

あまり漢方薬を処方されない先生でも、この時期には
処方するケースが多いのではないでしょうか。
一年間で最も品薄になる時期です。

麻黄(マオウ)という生薬が含まれます。
麻黄剤の一種であり、体力的には実~中間のひとに使われます。
一般にあまり体質を選ばず、広く使うことのできるお薬です。
花粉症で毎年悩む人は、まず試してみてもよいかと思います。

ところで麻黄は有効成分に「エフェドリン」という交感神経を刺激する
成分を含むので、とても虚弱な人や心臓の悪い人には向きません。

また、花粉症といえば、一般的には水っぽい鼻水がたくさん出る
場合が多いですが、なかには鼻がつまるかたもいらっしゃいます。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

といって、風邪によく効く有名な葛根湯に川芎、辛夷という2つの
生薬を足したお薬がとても効きます。

また、花粉症というよりも通年性のアレルギー性鼻炎で、どちらかと
いえば少し粘り気のある鼻水が出る、強い皮膚症状もある

こんなときには

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

が効くことも多いです。

これは黄連解毒湯+四物湯=温清飲(うんせいいん)という漢方薬に
荊芥、連翹といった解毒作用の強い生薬を足して作ったもので、

蓄膿症やかゆみの強いアトピー性皮膚炎にも使われたりします。

いずれの場合も鼻の症状にポイントを置いた薬です。
また、胃腸障害が出ることがありますので、西洋薬のように症状
だけで飲むのでは効くどころか体調を崩しますから、くれぐれも
注意が必要です。

体力がとても弱っている方、花粉症の症状として、咳などののどの
症状がメインの方、からだがとてもだるくなったり疲れたり、また
胃腸が弱い方などには他にさまざまなお薬がありますので、
(香蘇散、麻黄附子細辛湯、補中益気湯・・・・などなど)

まずは体質をみてもらい、処方していただくとよいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

頭痛・肩こりに効く漢方薬

当院はスタッフ全員が女性だからなのか、女性の患者さまが多いのですが
漢方薬の処方を希望される方の中にかなり多いのが

頭痛・肩こり

の症状です。

最近何か月かで、症状が軽くなったといううれしい報告をいただいた
漢方薬があります。

呉茱萸湯(ゴシュユトウ)

というものです。

呉茱萸という生薬のほかは、人参(オタネニンジン)、生姜(しょうが)、
大棗(なつめ)といった食品にもなる生薬から生成されています。

東洋医学用語でいいますと「水毒」からくる頭痛や肩こり、吐き気に
非常によく効きます。

ちなみに「水毒」とは、簡単にいえば体内の水分のバランスが崩れた状態
のことをいいます。むくみや関節水腫(関節に水がたまること)などは
「水毒」の状態を表す典型的な症状といえるかと思います。

とくに女性の性周期(月経周期)に伴うような月に何度かある激しい頭痛
などには著効します。
(ただし、一度CTスキャンなどの精密検査を受け、検査で異常がないことを
確認しておくことが必要です。)

手足がとても冷える
肩はズキズキというよりも重く張ったようなだるい痛み
頭痛には吐き気が伴う
体質的にはむくみやすい、発汗量や排尿量が少ない
胃からポチャポチャと水の音がする

こんな症状があって、頭痛や肩こりに悩まされている方には、ぜひ一度
試していただきたいお薬ですね。

ただし・・・・・ものすごく苦いbearingですので、オブラートに包んで
飲んだほうがよいかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

虚弱体質を改善する 子ども編

私のクリニックは小学校の前にありますので、比較的子どもさんの
患者さんが多いように思います。

小学生で整形外科、というと、たいていはケガかスポーツなどで
無理をしすぎによるものが多いのですが、たまにそうでない方も
いらっしゃいます。

肩がこる、腰が痛い、ひざが痛い・・・

でも関節を動かしたときの痛みは伴わず、局部の炎症は疑えない
ようなケースです。

もちろん、症状が強くなくてもレントゲンなどの検査をしてみたら
腫瘍がみつかった!など稀なケースもありますので、念のため
ひととおりの検査はしてみるようにはしています。

検査では異常がなく、関節や筋肉、腱などの炎症も考えづらいとき、
「木」を見ていた目を「森」に戻し、全身の状態を見せてもらいます。

食欲はありますか?
学校へいくと、お腹をくだしやすくはないですか?
風邪をひきやすいですか?
おねしょをすることはありますか?
トイレが近いですか?
手足が冷えたり、手足だけに汗をかいたりしませんか・・・・?
顔色は?体型は?

いわゆる「虚弱体質」のお子さんには、関節や首、背中、腰などの
痛みを訴える方が少なくありません。
お薬を飲むことに抵抗がないようならば、私は「
小建中湯」という
漢方薬をしばらく飲んでもらい、様子をみています。

桂枝(シナモン)、・芍薬・甘草(カンゾウ)・生姜(しょうが)
・大棗(ナツメ)・膠飴(あめ)
といった生薬で作られており、その多くが
食品としてもなじみの深いもので、薬といっても子どもに飲ませて心配
なものではありません。
(ただしアレルギーがある場合は別)

体質に合っているようですと、1か月ほどであまり痛みを感じることは
なくなってくるようです。
また、お腹の症状やトイレの問題なども解決することが多く、
からだが弱く繊細なお子さんには一度試してみる価値はあるかと
思います。

体力に合わせて他の建中湯類(「黄蓍建中湯」など)、桂枝湯類が
よい場合もありますので、体質を診てもらうとよいでしょう。

今日はひさびさに真面目な話をしましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リウマチと漢方薬

本日は昼に仕事を終え、東京へ漢方薬の勉強会に行ってきました。

場所は八重洲。

開始時刻まであと30分ある!

・・・・ちょっとだけ、と日本橋方面へ。

高島屋のコスメ売り場をウロウロして、シャネルでストップ。

あまりに美しいBAさんを発見し、目がテンになりました。

・・・・と、そんなに時間はありませんので、そそくさと店を出て、
コレド日本橋を横目で見ながら(見たいなぁ~)、会場へ行きました。
(超・余談ですcoldsweats01

いくつかお話がありましたが、本日興味深く聞いたのは、リウマチの治療
に関することでした。

中高年になると軟骨がすり減って節々が痛む、いわゆる「変形性関節症」
とは違い、リウマチは子どもでも発症しうる、「自己免疫疾患」のひとつ
ですね。

骨や関節が破壊されていく病態であり、治療方法としては色々な種類の
「免疫抑制剤」が使われることが多いです。

漢方薬にも免疫を調節する働きのあるお薬がいくつもあります。

今日面白かったのが、特に「柴苓湯」「大防風湯」

「柴苓湯」は、「小柴胡湯」と「五苓散」の合剤ですが、この2種類の
エキス剤を飲んでも「柴苓湯」を飲むのと同じようには効かないとのこと。

生薬を合わせて煎じることによってなにかがおこるらしい

というのです。面白いですねhappy01

「柴苓湯」は少量のメソトレキセートと合わせた処方により、リウマチの
コントロールがとてもよい方が多いそうです。
(ただし、体質、病期がかなり影響するのでひとりひとりの状態を専門家が
きちんと判断する必要があります)

逆に、強い炎症期を過ぎた病期には「大防風湯」でとても軽快した症例も
あったとのことでした。

今、リウマチ治療の流れとしては、関節破壊をなるべく進行させない
治療方法が主流になってきており、それには抗リウマチ薬の使い方が
大きく影響していると思います。

最新の治療薬を用いつつ、漢方薬との併用で成績を上げるというのは
大変興味深いなぁと思いました。

都内の滞在時間はたった3時間半でしたが、とても有意義に過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷え対策

今日はずいぶん冷えましたね!

秋が来たというより終ってしまうかのような寒さ。
ブログデザインもさすがにクールビズは終了、ウォームビズに
切り替えです。

こんな状態ですと、冷え性でなくてもからだが冷えます。

慢性の関節痛を持つ方にとって冷えは厳禁。

関節痛に限らず、冷えは血行障害をもたらし、体調不良を招きます。

では、からだを冷やさない方法とは。

①下着、服を1枚多く着る  →説明不要ですね

②温かいものを食べる、飲む  →これも説明不要

③運動する →ストレッチだけでも効果あります。続けること。

④からだを冷やす性質がある食材は温めて食べたり、また食べる量を
コントロールする    

→ たとえば大豆を使った食べ物(納豆、豆腐)は
大豆自体にからだを冷やす働きがあるので、お味噌汁に入れるとか
温奴にするとか、食べ方を工夫する必要があります。
また、こんにゃくをダイエットで食べている方は、からだの冷えに要注意

一般的に、夏が旬の野菜、南国でとれる果物などはからだを冷やす働き
があります。
あくまでも食べる量を加減すればOK.

そして耳の痛い話ですが、甘いもの(特に白砂糖を使ったもの)には
からだを冷やす働きがあります。
量をひかえるか、砂糖は精製していない
ものにするか、ひと工夫を。

⑤手足をじかに温める

→足浴(フットバス)や手浴(ハンドバス)は手軽で心臓への負担もなく
オススメです。
42℃くらいのやや熱めのお湯に、炭酸入浴剤を入れると
さらに効果的。

⑥漢方薬を飲んでみる

→有名なのが当帰四逆加呉茱萸生姜湯。
瘀血(血の滞り)がある場合は駆瘀血剤と分類される漢方薬
桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、温経湯、等々・・・・・

からだを温めたいときに飲む漢方薬は、白湯に溶いて飲んだり、とにかく
温めて飲むとさらに効果的です。

血行がよくなると、女性では生理痛、肌のシミなどが軽快したり、男性では
抜け毛の減少など、思いもよらない嬉しい効果も期待できるので、
けっして軽視できません。

冷えをなくして、あたたかい秋をすごしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧