ニュース

改装工事にともなう休診のおしらせ

マエケン体操のお話しからはや3ヶ月。

プロ野球の世界はそろそろシーズン終盤で、セ・リーグでは
巨人の強さを改めて噛みしめる今日この頃でございます・・・

私ごとですが(ブログそのものがそもそも私事なのですが)
この3ヶ月間は、実父が亡くなり色々物思う日々でした。

父は私にとって親というだけでなく、仕事の上での師でもあり
本当に大切な存在をなくした喪失感が強く、実はいまだに
実感のない有様です。

しかし親を亡くす年代になり、ますます仕事に精進すること、
そして自分が親としてしっかり子どもに育むべきと改めて
痛感しております(しかし実行できている訳ではない・・・)。

ここ最近、院内のレイアウト上患者さまにご迷惑をおかけして
いると感じておりました。
以前他科だった建物を簡易改装してでのスタートでしたので
整形外科としては非常にバランスの悪さが出てしまいました。

父の闘病生活を見送った今、仕事を頑張るうえでも、そして
みなさまに少しでも快適にお過ごしいただけるよう、このたび

改装工事を行うことにいたしました。

前置きが長くなりましたが、

平成26年9月26日(金)午後~11月末まで

改装工事をさせていただきます。

診療をしながらの工事ですので、工期が長く、
ご迷惑をおかけいたします。

また、工事は夜間・休日なのですがどうしても連日で進めなければ
いけない工程があるため、下記休診をさせていただく予定です。

9月26日(金)午後
9月27日(土)

10月4日(土)

11月15日(土)

万が一改めて休診をさせていただく場合は至急ホームページおよび
院内にアップさせていただきます。

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時休診のおしらせ

大変勝手ながら、本日2月15日(土)は
臨時休診とさせていただきます。

私もスタッフも皆家から出ることができません。

本当に申し訳ございません。

前橋は記録的大雪で、道路上も腰くらいまでの積雪量です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T.K.Gってなに?

関西以西では、専門店が多数できているらしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090201-00000001-jct-soci

T.K.G
たまごかけごはん の頭文字だそうで・・・

子どものころから私も卵かけごはんは大好きですが、こんな
頭文字となって広まっているとは知らなかったなぁ。

ネット内では去年頃からかなり話題になってるらしいです。

我が家も以前

卵かけごはん専用のしょうゆ

を買ってみたことがあるのですが、いわゆるだし
よくきいていて、少し甘い気がしました。

北関東人の舌には甘い、のでしょうけど。

ところで、卵かけごはんの定食、お味噌汁にお漬け物がついて
300円だそうですよ。

コンビニのおむすび1個とお茶を買えばそんな値段。
お得ですよね~

やはり不況ならではのブレイクなのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

甘いものにも依存性が・・?

子どもの誕生日、クリスマスとイベント続きの我が家ですが、
なんと昨日は胃腸炎でダウンdown・・・・

食べ物を見るのもつらく、久々に明るいうちから布団に入って
おりました。   
トホホbearing

ところで、サーティワンのアイスクリームは4人家族なので
ひとりで3個まで食べられる計算。

子どもたちはまだおチビなので、4~5個は食べられるかなぁと
皮算用しておりましたが・・・・

気づいたら私2個。これも胃腸炎のせいですcrying

すごくくやしい・・・ ←何に対して!?

以前はスイーツを日常的に食べる習慣はなかったのですよ。

よく考えてみたら、お酒を飲まないようになってからかな・・・・
甘いものをやめられなくなったのは。

甘い物のほかには、コーヒーも大好き(1日1リットルはかたい)。

そんなとき、こんなニュースを発見!

http://www.carenet.com/news/det.php?nws_c=6902

ラットで実験した結果ではありますが、
糖分を3週間与え続けるといわゆる
離脱症状が出る
のだそうです。

アルコールやニコチンなどを断つときの症状に似ているのだとか。

・・・やっぱり、依存性がついてしまうものなのですね。
東洋医学では、白砂糖はからだを冷やす代表的な食物のひとつ
ですし・・・・

ご褒美的にたまに摂るのがよいのでしょうね。

来年の目標にしようっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

親子で手作り

今日のネットニュースで面白い記事を見つけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080909-00000015-oric-ent

「脳トレ」(任天堂)監修で有名な東北大・川島先生の研究発表
とのこと。

「親子のコミュニケーションにおけるホットケーキ調理の可能性」

・・・・・すごい。

日常生活でも研究対象となると、特別なものに感じますねconfident

詳細は記事そのものをご覧いただくとして、要は親子で連携して
何かをなし得る、そのときほめることにより、こどもの脳の前頭前野
活性化し、親子関係の改善・こどもの情緒面での改善が見られた
というものです。

我が家も日曜日のブランチはホットケーキになることがたまにある
のですが、たしかにうちの子どもたちも3歳くらいからお手伝いを
したがるようになりました。

はじめはやけどの心配や、散らかすことが気がかりで近寄らせなかった
ものの、いざ参加させてみると(卵割り、ミックス粉をボウルに入れる、
泡だて器でまぜまぜする、おたまで生地をすくう、フライ返しで
ひっくり返す)ものすごく楽しそうで
どこかに出かけるよりも、ずっと有意義のような気もします。

料理は、結果としてできたものを食べる訳ですから、材料、過程など
の学習にもなり、とてもよい食育であると思います。

また、口に入れるものを作る作業を共同で行うというのは、親子間
でなくても、親密でなくてはできないと思うのです。

料理、とまではいかなくても鍋や焼き肉だって、仲の悪い人とは
一緒に食べたくないですよね・・・・?

ところで、いちばん好きなのは、やはりパン作り。

かたちを作るのが、粘土あそのようで楽しいみたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)